HOME > よくある質問と答え

よくある質問と答え

予防オリエンテーションに参加された保護者のみなさまからの質問をまとめています。

フッ素は害にならないのでしょうか?

学校でのフッ素洗口、歯医者でのフッ素塗布、毎日のフッ素配合歯磨き粉を併用しても問題ありません。よりフッ素の効果を期待できます。

重曹での歯磨きがよいと聞きましたが?

現在、科学的根拠はなく、フッ素に代わるものとしては推奨していません。健康食品と同様、いろいろ試してみてはいかがでしょうか?

今のお口の健康を続けるにはどうしたらいいでしょうか?
治療後の補てつを長持ちさせたいのですが…。

毎日のセルフケアが最も大切です。さらに、定期検診や予防のために行けるかかりつけの病院を持ち、お口の健康のために、長期的な管理をしていきましょう。

歯の治療をしたらどれくらい持つのでしょうか?

虫歯の治療後は平均で6.4年といわれています。大まかですが、1本の歯の治療可能な回数は4回位で、同じようなパターンで治療を繰り返すと仮定すれば、歯の寿命は25~26年となります。

寝る前にはどれくらいまで食べても大丈夫でしょうか?

食後、酸性に傾いた口腔内の環境は40分で元の中性に戻ります。ただ、全身的に考えると、寝る前1~2時間は食事は控えたほうがよいでしょう。お口や体の健康管理には規則正しい生活を心がけることが大切です。

歯磨き粉は使った方がいいのでしょうか?

基本的に歯垢を落とすのは歯ブラシですが、いろいろな薬用効果やフッ素配合の歯磨き粉もあります。使い方や分量を理解して、自分に合ったものを使ってみましょう。

子どもの口呼吸が気になるのですが?

いつもお口が開いていると、お口が乾燥して歯周病や虫歯になりやすくなり、また歯並びにも影響があります。鼻が悪いようなら治療をして改善しましょう。
唇の力が弱い場合もあります。遊び感覚ででき歯並びに隙間がるトレーニングもあります。ご相談ください。

指しゃぶりが心配です。

子どもにとっては眠かったり、不安なときに行う自然な行為です。悪いことではありませんが、歯並びにも影響がありますので、3歳を過ぎても指しゃぶりが癖になっているようなら、頻度を減らす工夫が必要です。あまり神経質にならず、指以外のものに興味を持たせてみましょう。

2歳の子どもですが、歯並びに隙間があるのですが。

問題ありません。歯並びのことや歯磨きをする上では、むしろいいことです。

夫婦とも歯並びが悪いので、子どもが心配です。

歯並びは遺伝的な影響があります。予防や健診で成長を見ながら、時期を見てご相談ください。当院では、矯正コンサルティングも行っています。

子どもの歯ぎしりで歯並びは悪くなりますか?

悪くなることはありません。成長過程で起こることで特に問題はありません。
大人の歯ぎしりや食いしばりは、歯やあごに負担をかけている場合がありますので、気になることがあればご相談ください。
医療法人MASURAO 松尾歯科医院 ホームページを見たとお伝えください 0955-56-6343 【診療時間】 9:00~13:00/14:00~19:00  ※土曜日は18:00までの診療 【休診日】 木曜午後、日曜、祝日
ご予約・ご相談 0955-56-6343

〒849-5131
佐賀県唐津市浜玉町浜崎1885
ホームページを見たとお伝えください 0955-56-6343診療時間9:00~13:00/14:00~19:00
※土曜日は18:00までの診療
休診日:木曜午後、日曜、祝日

詳しくはこちら